特定個人情報保護方針

株式会社ダイヤモンド・コミュニケーションズ(以下、「当社」といいます)は、マイナンバー制度の開始に伴い、雇用関係者及びその扶養家族、当社の取引先である個人事業主の皆様等の個人番号及び個人番号を含む個人情報を取扱います。当社は、下記の方針に基づいて、特定個人情報を適切に取扱うことを宣言します。

  1. 用語の定義
    1. 個人番号
      「行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律」(以下、「番号法」といいます)に基づいて、国民1人1人に発行された番号を「個人番号」といいます。
    2. 特定個人情報
      個人番号を含む個人情報を総称して「特定個人情報」といいます。
    3. 個人番号関係事務
      番号法に基づいて特定個人情報を取扱う事務のことを総称して「個人番号関係事務」といいます。
  2. 適用範囲
    この方針は、当社がおこなう個人番号関係事務全てに適用するとともに、個人番号関係事務に携わる全ての社員、関係者に周知徹底します。
  3. 法令等の遵守
    当社は、特定個人情報を取扱うにあたって、番号法、関連する諸法令及び「特定個人情報の適正な取扱いに関するガイドライン(事業者編)」を始めとした関連するガイドラインを遵守致します。
  4. 取得、利用、提供の制限
    1. 当社は、下記の利用目的の範囲内で特定個人情報の利用、提供をおこないます。
      1. 雇用関係者及びその扶養家族の方の特定個人情報
        • 税務署に提出する源泉徴収票の作成
        • 健康保険法に基づく保険給付
        • 社会福祉分野における各種手続きの実施
        • その他番号法が定める個人番号関係事務の実施
      2. 個人支払先の皆様の特定個人情報
        • 税務署に提出する支払調書の作成
        • その他番号法が定める個人番号関係事務の実施
    2. 前項に記載された利用目的の範囲を超えて特定個人情報の利用、提供をおこなうことはございません。
    3. 特定個人情報の取得にあたっては、番号法の定めに従い、番号確認及び身元確認をおこないます。
  5. 安全管理措置
    1. 当社は、特定個人情報を最も重要な情報の一つと位置付け、管理体制を社内に整備するとともに、下記の施策を実施します。
      • 特定個人情報の閲覧範囲は、業務の遂行に必要最小限の範囲に限定します。
      • 特定個人情報は、物理的な安全性が確保されたエリアで取扱います。
      • 特定個人情報は、利用目的が達成された時点で速やかに廃棄します。
      • 特定個人情報の取扱いに関わる各種操作ログを記録し、定期的に確認します。
      • 特定個人情報の取扱いに関する教育、監査を実施します。
    2. 当社は、特定個人情報の取扱いの一部を委託することがあります。委託にあたっては、厳格なセキュリティ基準に基づいて委託先の選定をおこない、目的外利用の禁止や安全管理措置を明記した契約を委託先と交わします。
  6. 苦情及び相談の受付
    当社における特定個人情報の取扱いに関して苦情又はご相談がありましたら、下記より担当者へご連絡下さい。

メールでのお問い合わせ

  • お問い合わせ内容を具体的に入力してください。

電話でのお問い合わせ

  • 営業時間 平日10:00~17:00(土日祝を除く)

平成28年2月1日 制定

株式会社ダイヤモンド・コミュニケーションズ
代表取締役 坪井 賢一